【占い師入門編】占いでの仕事はどんな働き方がある?

 

占い師として活躍したい、

人の悩みを解決して幸せに導きたい。

占い自体が好きだから、

これを仕事にしたら楽しいかもと思っているあなた。

 

すでにタロット占いや占星術、マヤ暦など、

自分なりで勉強してある程度の占いは

できるようになっているかもしれませんね。

 

占い師は特に資格の要る仕事ではないので、

「私は占い師です」といえば、

今日からでもお仕事が出来ます。

 

ただ、問題はどこで働くかということ。

 

勉強した後、それをいかに

実際的な仕事に結びつけるのかが難しいです。

 

今回は占い師を目指すあなたに

どのような働き方があるのかをご紹介します。

 

占い師になるには

 

開業

 

一番多いのがこれかもしれません。

 

かなり当たると評判になれば

口コミで広がることも考えられます。

 

ただ、口コミで広がるような占い師はどちらかというと

「霊感、霊視、透視」ができる特殊な能力を持った一握りです。

 

実際に私の知り合いは、

生まれつき霊能力があるので、

さまざまな未来が予知できます。

 

でも、彼女は占い師としては活動していません。

 

普通に昼間働いているのですが、

それでも、占ってほしいという人が絶えないです。

 

彼女の場合は、無料で視ています。

占いを仕事にはしていないのですね。

 

ただ、視えるから、

人生相談に乗り、アドバイスをしている感じです。

 

霊感が強くなく、勉強して得た知識を駆使して占う場合は、

そこまで人は集まってきません。

 

自分でホームページを作り、

ブランディングして集客する必要があります。

 

開業のメリットはストレスが少ないことと、

軌道に乗ったときの、売り上げが大きいことです。

 

途中で、マージンが入らない分、

全て自分の利益になります。

 

また、マイペースでできるのもいいところです。

 

開業といっても、サロンなどと違い、

特別な場所を必要としないのも占い師のいいところ。

 

カフェ鑑定

 

サイトで集客して、占いはカフェで行う人も多いですよ。

占い師を募集している会社に就職する方法。

お給料は殆どの会社は出来高制なので、

そのあたりは開業と変わりません。

ただ、集客や場所などは、会社が準備してくれるので、

占いを仕事とするうえで一番難しい部分をしなくてすみます。

 

あなたは占いに集中することが出来ます。

 

経営が苦手、

自分で集客をする自信がないというあなたは、

占い運営会社に雇われてみるのもおすすめです。

 

収入に関してはかなりの割合を

マージン料として会社に取られます。

このあたりは各々違ってきます。

個人に弟子入り

 

個人経営の占いのお店や、

タロット教室を行っている場所などは、

頼み込むと働かせてくれることもあります。

 

私がタロット占いを習っていたお店は

こじんまりとしていましたが、

占いが上達した生徒を、そこの占い師として

雇ってくれるシステムをとっていました。

 

占いサロン

 

お値段とかは師匠が決めますし、

ルールはその人次第ですが、

大手の占い会社よりも融通が利くのと、

よく知っている人が雇い主になるので安心感はあります。

 

電話占い師として働く

電話占いをやっている会社もたくさんあります。

店舗勤務と違って、自分の好きな時間に

自宅で占い師として活動できるので、

お昼はOL,夜だけ占い師という働き方ができるのがいいところです。

 

どの運営会社も1年中占い師を募集しています。

 

テストは厳しいところが多いです。

ある程度経験がないとなかなか合格できません。

 

電話鑑定は、自分がやってみるとわかるのですが、

対面と比べて想像以上に、難しい。

 

占いは、結果を出せば終わりではなく、

顔の見えない相手とのコミュニケーション能力も問われてきます。

 

このあたりは経験によって磨いていく部分です。

 

霊感がなくても、タロットや占星術だけで

占い師としてお客さんをつかんでいる先生もたくさんいます。

 

勉強として、色々な占い師の鑑定を

自分が実際に受けてみることは必須です。

 

鑑定を受けながら、

どういう風に鑑定をスタートさせて、

どんな言葉使いを使っているのか、

そのあたりを研究しながら占ってもらうのです。

 

自分が受けたいと思わない占いを

お客さんが受けたいと思うわけないですよね。

 

電話鑑定

 

たとえば、レストランのシェフは勉強の一つとして、

他の店舗のコースを食べに行き、日々研究しています。

 

アパレル業界でも、販売技術を学ぶ為に、

他の店舗へお客様としていってみて

接客を受けるということをしています。

 

会社員と違い、

占い師でやっていくためには

常に自分で勉強して学ぶことが大事。

 

電話鑑定を副業としてやってみたいと思うならば、

実際に自分が受けて体験することが必要です。

 

ただ、長々受ける必要はなく、

ご存知のように、電話占いは1分単位なので、

学びとして1回15~20分と決めて受けてみるといいですよ。

 

初回無料とか半額とかお得なところもあるので

そういったところから利用すると

負担にならなくておすすめです。

 

こちらの記事は、

お客さんとしての立場で受けた人の体験談を書いています。

占う側の立場としてもかなり参考になります。

↓   ↓   ↓

こういう風に思われる占い師を目指したいものです。

お得な鑑定の受け方も書いているので参考にどうぞ

リピーター続出の電話占い鑑定体験

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ