元彼が忘れられないのはどうして?スピリチュアルな意味とは。

 

別れた元彼のことをすぐに忘れられる人もいれば、

いつまでもその思いを引きずってしまって、

忘れることができない人もいます。

 

その違いはなんなのでしょうか。

 

元彼を忘れられないことの

スピリチュアルな意味は何か知りたくないですか?

 

元彼を忘れられないという経験がもたらす意味

 

手放すことを学ぶため

 

この世で経験することは何一つ無駄なことがなく、

あなたにとって必要なことだから起きています。

 

その体験が何を意味するのか、

何を学ぶためかと考えるとき、

逆のことを考えるとわかりやすいです。

 

たとえば、自分を傷つけてしまう経験、

自傷行為がある人は逆を言えば、

自分を深く愛する為にその経験をしている。

 

人に裏切られる人は、

自分を信頼することを学ぶ為にその体験をした。

というように。

 

そう考えると、いつまでも元彼を忘れられない。

今ではない、過去の彼との経験に執着するということは逆を考えると

「手放すこと」を学ぶ為にその経験をしているといえます。

手放す

このときに手放すものは、「彼氏」そのものではありません。

あなたの中にある、執着の原因になるものを手放すためです。

 

執着するのはなぜか?

 

それは人によって違いますが、

 

たとえば、付き合っているとき彼氏は自分を愛してくれた

→自分では自分を愛している自身がない

→「自己否定」を手放す。

 

彼がいないと寂しくていきり気力が湧かない

→彼以外の世界がない

→「自立できない自分」を手放す。

 

というように。

スピリチュアル

彼と付き合った体験から自分を見つめる方向へ持って行きます。

そうすることで、彼に執着している本来の原因に気づくことができます。

 

内観を繰り返すことで、彼を忘れることもあるし、

成長して一つステージが上がることで思いがけず彼と復縁することもあります。

 

心の中の変化が

現実でありえない引き寄せをしたりすることがあるのが

スピリチュアルの面白いところです。

 

忘れる必要がないから~縁があるから

 

もう一つ、元彼を忘れられないのは忘れる必要がない場合があります。

魂レベルで彼との縁がつながれている場合。

 

お互い忘れないことで再びめぐり合うことが予定されているとき。

 

たとえば、彼が誰かと付き合ったとしても、

結婚したとしても、いづれあなたとまたお付き合いをする運命になっているとき。

運命の糸

何年も別れていたのに、

偶然再会して、また付き合うようになったというものがあります。

 

心のどこかでお互いを忘れず、求めていた。

そんな話はよくあります。

 

特に長く付き合って別れた場合に起こりやすいようです。

長く付き合った彼氏と復縁した体験談

 

重要なのはそのときにお互いが成長しているということ。

変わらないままでは付き合ったとしてもまた別れてしまうことになります。

 

学んで、一段階上がるまで同じことを繰り返すので、

彼のことが忘れられない期間、

その間に自己成長している必要があります。

 

同じ人と同じ経験をするのではなく、

同じ人と違う経験をするために。

復縁の希望

縁のある元彼と再びめぐり合う為に必要な期間は、

数ヶ月の人もいればそれ以上、10年かかる人もいます。

そして、その期間は早めることも可能です。

 

早めに復縁できた体験談を知りたい方はこちらの記事もどうぞ

復縁が難しい別れからヨリを戻した体験談

 

自己成長するため

 

元彼を忘れられないということは、

過去付き合った彼との時間のまま

あなた自身が止まってしまっているということ。

 

彼と付き合っていたときと比べて自分は変化していますか?

 

別れることになった原因の

あなたの性格や考え方など、過去と今のあなたは違いますか?

 

あなたの内面が変化していれば、先に上げた、

縁があり再び出会うため以外の場合は、

周りの環境が変化しているはずです。

自己成長

周りの環境の変化とは、

彼を超えるような新しい出会いがあったり、

打ち込める仕事があったり、

元彼のことを思い出すことも

殆どなくなるような状態になっているということ。

 

そうではなく、

毎日元彼のことを考えてしまっている場合は、

当時と中身が殆ど変わってないということです。

 

彼を忘れられないという現実は、

自分自身を見つめる為に起こっているということでもあります。

 

内観して自分を成長させることが、

彼のことをよい思い出にできる一歩になります。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ