彼氏に別れようと言われたけど別れたくないときの対処法

 

彼氏に「別れよう」と言われたとしても、あなたにとって突然だったり、

気持ちがあるのなら、はいわかりました。

というわけにはいかないですよね。

 

別れるという言葉だけを取ると

パニックになってしまうかも知れません。

 

彼氏に別れようと言われたけれど別れたくないのなら、

この記事の対処法を読んで後悔しないように行動してみてくださいね。

 

 

 

 

無料電話占い 不安な気持ちを気軽に相談してみましょう。

一人で考え続けても答えは出ないのは当たり前。
後悔する前に試して欲しいのが、
今すぐ手軽にできる電話占い。

 

初めてで不安な方でも、
無料でお試しできるところをまとめましたので、
ぜひ参考にしてみてください。

【電話占い】無料でお試し鑑定ができるサイトまとめ

男の別れようは突然のようで突然ではない

男の別れようは突然のようで突然ではない

彼氏に「別れよう」と突然言われたら

一体どうしたらいいのかわからなかったり

 

頭が真っ白になって

何も考えられなくなる人も少なくないでしょう。

 

交際相手から突然別れを切り出されたことはありますか?

参考元:産経新聞|恋人から突然の別れ話、半数が経験アリ! 

 

産経新聞に掲載された記事によると、

47.5%が交際相手に突然別れを切り出されたことがあると答えています。

 

徐々に仲が悪くなっているわけではないのに、

いきなり別れを告げられることは珍しいことではないのです。

 

だから、不必要にあわててパニックになる必要はありません。

後悔しないように、まずは落ち着いて対処法を考えていきましょう。

 

男性から別れようと言い出す時は、

えてして突然のことのように感じます。

 

しかし、彼の中では、お付き合いしている中で

少しずつ気持ちが固まっていき、

急に「別れた方がいい」と結論を出します。

 

その時は、彼女に相談するという選択肢は

ないことが多いです。

 

二人の関係のことなのにどうして相談しないで

一人で決めてしまうんだろう?と

理不尽に感じることもあるかもしれませんが、

 

男というのはそういうもので

色んなことを勝手に決めてしまったりします。

 

それに、あなたと付き合いを継続するべきか

悩んでいるのに、あなたに

そのことを相談するという方が考えにくいです。

 

それまでは、別れようとしている素ぶりなど

微塵も見せず、普通にあなたと接していることも多いでしょう。

 

まずは彼氏が何を考えているのか、

考えていくことが大切です。

 

「別れよう」に隠された彼氏の本音とは?

「別れよう」に隠された彼氏の本音とは?

別れを言うということは、彼の中では

何らかの経過があり、理由があり、

 

その結果あなたとの別れを選択しようとしています。

 

その理由は、あなたにとっては残酷な理由で

あることも容易に想像されます。

 

直接そのことをあなたに伝えるとあなたは激しく怒るか、

嘆き悲しむだろうと彼氏の方も分かっています。

 

そのため、何も理由を言わなかったり

 

「好きだけど別れたい」

「好きかどうか分からなくなった」

「お互いのために別れた方がいいと思う」

 

などの見栄えの良いカッコイイ理由をつけて

あなたに別れを切り出してくることもあるでしょう。

 

大好きな彼氏の言葉ですから

ついつい信用したくなる気持ちもわかりますが

 

それは詭弁、つまり嘘であり、

あなたを納得させるための表向きの理由です。

 

 

「好きだけど別れたい」

「好きかどうか分からない」

 

 

等の言い回しは、要するに

 

「もう好きじゃなくなった」

 

という意味と捉えて良いでしょう。

 

下手をすれば、もう次の女がいるかも

しれませんし

すでに浮気をしている可能性もあります。

 

 

 

「お互いのために別れた方がいい」

「お前は俺と一緒にいない方が幸せになれる」

「お前を幸せにしてやれない」

 

 

等の言い回しの場合は、

 

 

「俺のためにさっさと別れてくれ」

「俺はお前といると幸せになれない」

「幸せにできない理由がお金や仕事の問題で、すぐに解決しない。

そんな自分が不甲斐なく感じるので、お前と一緒にいたくない」

 

 

などの本音が隠されていると思われます。

 

大体、「お前のために〜」などの言葉は

「俺のために」に変換すると

本音になると考えられます。

 

別れを言われた後の対処法が未来を決める

別れを言われた後の対処法が未来を決める!?

別れようといわれたときは、まずは深呼吸。

それから落ち着いて今後の対処法を考えて行きます。

 

彼氏にすがるのは逆効果

あなたがどんなに反対しても、

泣いても、引きとめても、

あまり効果がないことがほとんどです。

 

別れようと言ってきた時点で、

彼の中で「別れたい」という感情が

 

「あなたを好きで付き合っていたい」

という感情を上回っているからです。

 

いくらあなたが

「ダメなところは直すから」とか

 

「私はまだ好きだし、一緒にいたい」とか

「これまで二人で頑張ってきたし、

また二人で乗り越えていけないの?」とか

 

それらしい反論をしたところで

別れたい彼氏にとっては面倒くさいだけです。

 

今まで男に振られた時に縋ってきた筆者は

大体上記の返答をしてしまうタイプですが

 

別れたい彼の心に響いたことは一度もありません。

 

むしろそのあと音信不通にされます。

 

まずは彼氏の気持ちを尊重する

まずは彼氏の気持ちを尊重する

彼氏が別れようと言ってきたときに

彼に「思いとどまらせる」のはかなり難しいですが、

 

「やっぱり寂しい」と思わせ、

その後も連絡が来続けた場合がありました。

 

それは、ひとまず彼の別れたいという気持ちはしっかり受け止めます。

その上で、自分は彼のことを好きで分かれたくないことは伝えておきましょう。

 

ここで大事なのは、あなたの気持ちを伝えますが、

「別れたくない」とごねることはしないようにしてください。

 

  • とりあえず一度は引き止める
  • 30分以内に別れ話を切り上げその場から離れる
  • 彼の家にあったものなどはあとから取りに行く。その際、別れ際に「今までありがとう」とだけ伝える。
  • またなんかあったら連絡するね!と友達になる感じの言葉をかけるか、LINEなどで送っておく

 

とにかく別れ際にサラッとしていると

逆に惜しくなるものと覚えておきましょう。

 

あと、連絡はしていいよ、と軽く逃げ道を

残してあげるのは対処法として非常に効果的です。

 

逃げ道を残してあげて時間を置く

彼氏の中ではじっくり考えてあなたと別れる選択をしたかもしれません。

 

でも、いざ、実際にあなたと別れてしまってから

寂しく感じたり、後悔する場合もあります。

 

そんなときに、彼氏のほうから連絡が取りやすい状態を

作っておいてあげましょう。

 

そのためにも、先ほどの書いたように、彼の気持ちを受け入れた上で、

いつでも連絡はOKだよというスタンスが必要になるのです。

 

連絡を取りつつあなたは気持ちを切り替える

 

彼の別れたい気持ちを受け入れたら、即断で「じゃあ、バイバイ」とするのではなく、

気持ちの整理がしたいから、少し時間が欲しいという形で

あいまいなつながりを持つのもアリです。

 

彼自身も少し保留の時間ができることでほっとするかもしれません。

あなたと物理的にも精神的にも距離を置くことで、気持ちに変化がある事もあるでしょう。

 

引き際をあっさりすることで、彼の気持ちが再びあなたに

向く可能性は高くなっています。

 

一方あなたは、「別れよう」と言われた時点で、

いったん別れたものと考えてみたほうが良いです。

 

気持ちを「復縁」へと切り替えていきましょう。

 

復縁のコツについてはこちらの記事もどうぞ

元彼に復縁したいと思わせる方法

 

彼氏と別れたくないからこそ一度引いてみよう

まとめ

彼氏に別れようと言われたら

何故か楽しかった思い出ばかり蘇ってきたり

 

声とか温もりとか匂いとか口癖とか、

なにもかもが愛しく思えて

本当に辛い思いをされていると思います。

 

しかし、男はその人一人ではありません。

そう自分に言い聞かせて、まずは彼の言葉を受け止めましょう。

 

引き止めたり縋ったりするよりも

潔く身を引く方が、別れるにはもったいない女だった!

と思わせることができ、結果的には効果的な対処法になります。