彼氏が友達みたいな関係に。このままでいいのか悩んだ時の注意点

最初はラブラブだった彼氏と

いつの間にかあれ??

友達みたいな関係になっている。

 

これって、いいことなのか、悪いことなのか、

不安になることってありませんか?

 

友達みたいな関係が悪いわけではありませんが、

注意点があります。

 

ここではメリット、デメリットとともに、気をつける点を紹介します。

 

 

友達みたいな彼氏のメリット

友達みたいな彼氏のメリット

友達みたいな彼氏だからこその、良いところもあります。

重要なのはお互いがそれを心地よく思っているかどうかです。

一緒にいて楽

なんといっても楽に過ごせること!

 

お互い緊張せず、変な駆け引きもないから

毎日楽しく一緒にいることが出来ます。

 

お付き合い上ストレスがないってのは

すごくいいですよね。

 

恋愛感情が激しすぎると、

それにのめりこんで仕事も手に付かないってこともありますが、

友達みたいな彼氏なら、そういう心配はありません。

 

一人のときは自分の時間を堪能して、

彼氏とあっているときは楽しく過ごせる。

そんなメリットがあります。

 

 

長続きする

長続きする

また、ある意味いて当たり前のような彼氏とは、長く続きます。

 

激しい感情がなく物足りないけれど、

人間は不思議なもので、どんな環境でも

その今の現状を維持しようとする傾向があります。

 

たとえば、劣悪な環境で働いていて、

他人から見れば逃げ出せばいいのに、

本人も逃げたいと思っているのに、

無意識でその環境を維持しようと考えてしまったりします。

 

自由に過ごせる

お互いに束縛や干渉をしないので、それぞれの時間を

楽しむことができます。

 

信頼関係があるからこそできる自由ですね。

 

時には、自由すぎて、友達なのか、付き合っているのかが

分からなくなることもあるかもしれません。

 

彼氏と友達みたいになることのデメリットと注意点

彼氏と友達みたいになることのデメリットと注意点

 

実は学生同士、または若いときのお付き合いは、

友達みたいな彼氏はメリットが大きいです。

 

まだまだ純粋ですしね。

 

でも、アラサー、アラフォーでその関係は危険です。

 

というのも、アラサーの私たちの年齢になると、

どうしても恋愛の延長上には結婚の文字が浮かぶからです。

 

いつか結婚したい、彼とずっとこれからも一緒にいたい

という気持がなければデメリットは少し弱まるかもしれませんが。

 

では、どんなデメリットと注意点があるのでしょうか。

 

ゴールが見えなくなる

ゴールが見えなくなる

 

第一の問題はこれですね。

女性が結婚を考えるとき、「こども」について少なからず考えます。

なんだかんだいっても私たちにはリミットがあります。

 

でも、男性はそんなことないのですよね。

50代でも子どもをもとうと思えば、持てる。

 

いつか結婚をと思っている女性にとって

友達みたいな彼氏は、リスキーです。

 

なぜなら男性にとって今の状態が

心地いいのなら無理に代えようとはしません。

 

結婚は責任を伴うので。

 

そして、ときめきがない友達のような関係なら、

あなたを絶対に自分のものに

しておきたい独占欲が乏しくなってしまいます。

 

そのため、結婚を匂わせても

「まだまだいい」「メンドクサイ」となってしまいます。

 

友達みたいな彼氏に結婚の話をするのは気が引けるかもしれませんが、

彼氏のことが好きならば、きちんと話し合っておくべき事柄です。

 

実際に、私の周りには、長く付き合っているが結婚まで踏み込めないカップルがいます。

とても仲がよく、お互いが自由で、本当に友達みたいな関係です。

 

そのために、「結婚するきっかけがない」と言うままずるずる何年も経っています。

 

 

温度差が大きくなる

温度差が大きくなる

あなたも彼氏も同じように

友達みたいな関係でいいと思っているときはいいです。

 

問題はどちらかは新鮮さや

恋人同士のまったり甘いムードが

ほしいと思っているときは問題になります。

 

たとえば、彼氏はあなたに

もっと女性らしく甘えてほしい、

 

出会ったろの気遣いや繊細さがほしい、

もっとドキドキしたいと思っている場合、

 

それが満たされないと、

他に目を向けて浮気につながることも。

 

もともと男性には狩猟本能があります。

手に入れてしまって安心した状態だと物足りないのです。

 

それを理性でおさえることができる人もいれば、

本能がどうしても新しい刺激を求めてしまうこともあります。

 

安心しきって付き合っていたら、気がつかないうちに彼氏の心が他の人にいって、

別れることになってしまった、なんてことにならないようにしましょう。

 

すでに彼がなんだか怪しい・・・

という人はこちらも読んでみてください。

彼氏が浮気したらどうする??運命の分かれ道

 

逆の場合も、もっと彼氏と手をつないで

ラブラブしたいのにきっかけ作りが出来なかったり、

ついついがさつな行動をとってしまったりします。

 

それが積み重なると、一緒にいて楽だけど

異性としてはどうなんだろう?という気持が生まれます。

 

友達みたいな関係でも、お互いの愛情度合い、今の関係のままで

よいのかの確認が必要です。

 

セックスレスになるリスクと注意すること

セックスレスになるリスク

もっとも怖いのはこれかもしれませんね。

長く付き合っても仲のよいカップルはセックスがあります。

 

それが友達みたいな関係になってしまうと、いつの間にかすること事態が恥ずかしく感じたりします。

そうするとますますきっかけがなくなります。

 

よく考えてみてください。

男性の性欲は女性よりも強いです。

 

これは身体の機能的にも出さないと

すっきり出来ないということもあります。

 

妻とは出来ないけれど他の女性とはできるというように、

女性としてときめかない相手にセックスが出来なくなることもあります。

 

セックスレスは、恋人同士、

いえ、結婚してからもかなり重要な問題になってきます。

 

夜の生活が問題で離婚する夫婦って本当に多いのですよ。

 

そう考えるとアラサー、アラフォーの

友達みたいな彼氏との関係はリスクのほうが高いですね。

 

あなたが、アラサー以上ならば、

手遅れにならない前に、

二人の雰囲気を変えてみてはどうでしょうか?

 

彼氏との友達みたいな関係と恋人らしさを共存させる

友達みたいな関係から脱出するには

 

友達みたいな関係を維持しつつも、

恋人らしくある事ができればベストですね!

 

私と夫は、結婚しているので家族のようであり、友達のようでもあります。

 

普段はお互いを束縛もしないし、自由に生活しています。

家では、お互い好き勝手にテレビを見たり、別行動です。

 

それでも、結婚してからずっと恋人らしさも持っています。

その経験も含めて、友達みたいな彼氏と恋人らしさも共存させる方法を紹介します。

 

恥じらいを忘れない

これって、結構重要です。

男性は恥じらいのある女性が好きです。

 

極端な例ですが、全裸の女性よりも、

見えそうで見えない女性のほうにエロスを感じます。

 

彼氏と友達間隔になっていると、つい、「

恥ずかしい」という気持ちを忘れがちです。

 

例えば、

  • シャワーを浴びた後に平気で裸でいませんか?
  • すっぴんでも平気になっていませんか?
  • 彼といるときのしぐさががさつになっていませんか?
  • 食事のときのマナーは大丈夫ですか?

細かなことかもしれませんが、「恥ずかしい」という意識を

持つだけでも二人の関係が男と女でいられるようになります。

 

パターンを変えたデートをする

友達みたいな関係が安定してしまうと、デートもありきたりなものになりがちです。

 

時には思いっきりおしゃれなディナーを食べに行ったり、

ロマンチックな夜景が見えるスポットに行ったり、

明らかなデートコースをたどってみたりしましょう。

 

大事なのは「非日常」を演出することです。

ドキドキすれば、恋人としての意識も戻ってきますよ。

 

スキンシップは日常的にする

彼氏と友達みたいな関係でも、

友達と恋人の違いは、スキンシップです。

 

ハグをしたりキスをしたりは友達とはしませんよね?

 

お互い自由で干渉しない、友達カップルでもスキンシップを

日常的にしていれば、セックスレスになることを防ぐこともできます。

 

普段からベタベタするように意識してみましょう。

 

メリットを生かし、デメリットに注意

 

彼氏と友達みたいな関係になることはメリットも大いにあります。

 

そのメリットを生かしつつ、デメリットに注意していけば、

二人の仲はより強くて心地いいものになります。

 

彼氏とこれからどうしていきたいのか、彼はどんなビジョンを

描いているのか、理解しあいながらおつきあをしてみてくださいね。