彼氏を喧嘩で怒らせた…別れたくないときの謝り方

 

彼氏との喧嘩は、互いの価値観のぶつかり合いから生まれるもので、

世の中に喧嘩をしないカップルはいないでしょう。

 

 

彼氏を喧嘩で怒らせたけれど、

いつもの通りだと思って安心していたら、

急に彼氏から別れを切り出される…

なんていう悲しい結末にならないように

 

喧嘩後に別れたくないのなら、早めに対処して

彼氏と元通り仲良しになりましょう。

 

無料電話占い 不安な気持ちを気軽に相談してみましょう。

一人で考え続けても答えは出ないのは当たり前。
後悔する前に試して欲しいのが、
今すぐ手軽にできる電話占い。

 

初めてで不安な方でも、
無料でお試しできるところをまとめましたので、
ぜひ参考にしてみてください。

【電話占い】無料でお試し鑑定ができるサイトまとめ

喧嘩後の彼氏の気持ちってどうなってるの?

喧嘩後の彼氏の気持ちってどうなってるの?

 

まずは、喧嘩後の彼氏の気持ちを考えていきましょう。

 

男性は女性よりもコミュニケーションが

苦手ですから、コミュニケーションによる

ストレスはもっと苦手です。

 

喧嘩なんてしたら面倒くさいのでしばらく

現実逃避してしまいたくなるもの。

 

 

そして、仲直りのステップを踏むには、

あなたに対して怒ってしまった彼の気持ちを考えましょう。

 

 

・あなたと喧嘩して、仲直りしたいけれど

謝りたくない、もう喧嘩を繰り返すのはこりごりだ、

 

 

 

・どうやって切り出したらよいか分からない…

そもそも喧嘩ばかりする彼女ってどうなんだ?

 

 

きっと彼の中でもいろいろ考えていることだと思います。

 

男は理論的ですから、いくら

「仲直りしたい」というあなたの気持ちだけを

伝えてもうまくいかないこともあります。

 

まずあなたが、なぜ今回彼氏と喧嘩してしまったのか

 

または喧嘩を繰り返してしまっているのかをしっかり考えることです。

 

きっと大ピンチになるということは彼氏を相当怒らせたのでしょうし

あなた自身も怒ったのでしょう。

 

なぜそんなに激しい喧嘩になったのでしょうか?

 

その原因を考える必要があります。

 

それが例えば片方の浮気や、

人としてやってはいけないことをした結果ならば

 

それは単純に「喧嘩」として片づけられない

問題となってしまいます。

 

どこからが浮気が彼と意見が食い違うならこちら

浮気のボーダーラインはどこから?

 

ただ、些細な言動からイラッとして言い合いに

発展してしまったり、

 

売り言葉に買い言葉で思ってもいないのに

きつい言葉をかけてしまって

こじれた場合は、修復できます。

 

彼に無視されているならこちら

彼氏と喧嘩!男が無視する理由と、別れないための対応

 

別れたくないときの謝り方

別れたくないときの謝り方

 

また同じことを繰り返さないためにも

謝り方や話し合いの持ち方はとっても大事です。

 

・意見を伝えるときは傷つけないように気を付ける

・感情的にならず、一呼吸おいてから意見を言う

・一方的に言わないで、彼氏の意見もしっかり聞く

 

など、喧嘩にならないように意見を言う方法を

身に着けていく必要があります。

 

自分のことを省みる

 

あなたのどこが悪かったのかしっかり反省しましょう。

喧嘩後はあなたも感情的になっているかも知れません。

 

どうして彼が怒ってしまったのか、冷静に考えます。

あなたにも悪いところはなかったのか?

 

自分の言いたいことばかり言わなかったか、

彼を責め立てなかったかをじっくり振り返りましょう。

 

数日、距離を置いてから連絡

 

すぐに彼と連絡を取りたいと

思うかもしれませんが、少し待ってください。

 

反省ポイントを自分の中でまとめてから

彼に謝罪の言葉を送りましょう。

 

ただ、連絡は少し時間を置いてからが良いです。

そうでないと、彼の中の怒りがまだ落ち着いていないかも知れません。

 

喧嘩直後は、あなた自身も自分で思っている以上に

感情的になりやすい状態にあります。

 

数日置いてから、

ちゃんと謝りたいから会いたい、

とメッセージするのが良いです。

 

あなたが今後気を付けようと思うことを彼にきちんと伝え、

同じ喧嘩は繰り返さないようにして

また仲良くしていきたいと正直に伝えましょう。

 

言い訳をしないで

謝る時は、でもあなただって・・・

と言い訳がましい気持ちを持たないこと。

 

たまに、謝るといいつつ、

自分を正当化してしまう女性もいます。

それでは、逆効果です。

 

彼はますます怒りが収まらず、謝った女性は、

何で彼が怒っているのか理解できな

いという状態で、

 

すれ違いがひどくなっていきます。

 

喧嘩の原因をはっきりさせる

先ほど、謝るときは言い訳をしないと書きましたが、

だからといって、彼氏が悪かったことをあなたが

飲み込む必要派ありません。

 

どうして喧嘩になったのかの原因をはっきりさせることで、

次回から同じような喧嘩にならないように話し合いましょう。

 

あなたの気持ちを本音で話したほうが良いです。

ポイントは落ち着いて冷静に話すこと。

 

男性は、淡々と理論的に話されると受け入れやすいです。

怒らせた彼氏と別れたくないなら落ち着いてから話し合おう

まとめ

喧嘩両成敗といいますが、基本的に喧嘩というのは

どちらも悪いところがあることが多いです。

 

今回は、別れたくない、仲直りをしたい、という方のために

仲直りに重点をおいて話をしましたが

 

そもそも彼氏があなたにひどいことをして

あなたが怒ったのが原因ならば仲直りなんてしない方が良い、

という可能性もあります。

 

喧嘩をしたときに、自分だけでどうすれば

よいか考えてもぐるぐる同じことをめぐって、

対応策が浮かばないときもあります。

 

喧嘩をするときはあなたの視野も

狭くなっていることに気づいてくださいね。

 

そんなときは、あなたやあなたの

彼氏をよく知る人に

相談してみるのがおすすめです。

 

ただ、感情的になって、私は悪くない!!

という視点で話してしまうと、

いいアドバイスがもらえないので注意してくださいね。